氏名 Official site
参政党 HP へ 参政党 HP へ

メッセージ

「子どもたちの未来を守る」
次世代へのバトンは、
私が繋ぎます


私は、幼い頃から、過酷で悲惨な戦争体験について、
祖父や近所のおじいさんたちから聞いて育ちました。

いま、私たちがこうして幸せに暮らしていられるのは、
「命がけで日本を守ってきた先人たちのおかげである」と
心から感謝しております。

そんな時、長年の不妊治療を妻と一緒に乗り越え、
この度、妻に新しい命が宿りました。

その時、真っ先に私の頭に浮かんだことは、
「先人たちが守り抜いてきた素晴らしい日本を、
我が子に、そして未来の子どもたちに残すこと」、
「2世代先の責任は今にある」
これらは、私に、そして、わたし達に課せられた
使命であると確信しました。

そして、参政党と出会い、
今、私はこの場に立たせていただいております。

私は、幼い頃から、過酷で悲惨な戦争体験について、
祖父や近所のおじいさんたちから聞いて育ちました。

いま、私たちがこうして幸せに暮らしていられるのは、
「命がけで日本を守ってきた先人たちのおかげである」と
心から感謝しております。

そんな時、長年の不妊治療を妻と一緒に乗り越え、
この度、妻に新しい命が宿りました。

その時、真っ先に私の頭に浮かんだことは、
「先人たちが守り抜いてきた素晴らしい日本を、
我が子に、そして未来の子どもたちに残すこと」、
「2世代先の責任は今にある」
これらは、私に、そして、わたし達に課せられた
使命であると確信しました。

そして、参政党と出会い、
今、私はこの場に立たせていただいております。

symbol

日本は、長い歴史の中で、これまでも自然災害や戦争など、
数々の困難に見舞われてきました。
そのたびに、先人たちは、知恵を出し合い、時に命を
懸けて戦い、今の自然豊かな日本を残してくれたのです。
私たちも未来の子どもたちのために、素晴らしい日本を
残していかなくてはなりません。

私、「きくちまさや」は、「父」となったことで、
全ての覚悟が決まりました。
正直、私も以前は
「自分一人だけが頑張った所で何も変わらない」
「この現状を誰かになんとかして欲しい」と諦めたり、
人任せにしていました。

しかし、今は「このまま子どもの世代に問題を先送りに
して良いわけがない」と強く感じております。
そして、世の中にはびこる矛盾にメスを入れ、
党内で議論を重ね、継続的に発信していきたいと
考えております。

参政党の合言葉は「あなたの気づきが日本を救う」です。
今こそ、日本人が古来より大切にしてきた価値観や文化、
伝統をもう一度見直し、原点に立ち戻る必要があります。
「子どもたちが希望にあふれ、誇りを持てる日本にしたい」
そんな想いで、私は皆さんと共に行動してまいります。

sign